2019年9月04日

こんにちは!BEBASE古字です。
今日のテーマは「浮腫みに対するアプローチ」です。

浮腫む原因は色々とあります。食事(栄養素)が関係していたり、カラダ(解剖学的に)が関係していたり。
今日はカラダの方を説明したいと思います。出来るだけ簡単に。

まず浮腫んでいる状態とは、簡単に言いますと老廃物などが滞留している状態ですね。
では何故、滞留しているのか?これも簡単に言うと血流が悪いからです。
血流が悪い原因を考えましょう。
基本的には筋肉が動いていない。関節の可動性も悪い(柔軟性がないとも言えます)。これが主な原因です。
筋肉が動く(伸びて縮む)と、血流が良くなります。筋肉がポンプの作用をし、押し出してくれるからですね。
関節の可動性が悪いと、筋肉が動く範囲(距離)が小さいのでポンプの作用が小さくなります。
一般的に女性の方が男性よりも浮腫みやすいのは、筋肉量が少ないが故に血流が悪いからです。

ここで一つの答えが出ましたね。「運動しましょう!」になります。
また、立ちっぱなしだと浮腫むという方が多く居ますが、座りっぱなしでも浮腫みます。筋肉が動いてないに加えて、座っている状態は股関節が曲がっているので
鼠径部に多く集まっているリンパ節が圧迫されています。だから流れない。
ですので、立ち仕事の方も座り仕事の方もずっと同じ体勢で居ないようにして、たまには歩いたり屈伸したりとカラダを動かしましょう。ストレッチやマッサージも効果的です。

そして、体脂肪率が高い方ほど浮腫みますので、適正な体重/体脂肪率を保つことも重要です。
(勿論これは健康全般にあてはまることです)

浮腫みやすいと感じている方は、少しでもカラダを動かして血流を改善させましょう。
継続的な筋トレで筋肉量が増えるのがベストですね☆

以上、かなり簡単ですが参考になれば。

ではまた(^^)/ 古字裕介 2019年9月4日

2019年9月4日

コメント