2019年8月26日

こんにちは!BEBASE古字です。
今日のテーマは「見落としがちな、痩せない理由」です。

太る理由は簡単です。基本的には摂取カロリーと消費カロリーの差を比べたときに、摂取の方が消費を上回っているからですね。単純です。
所謂、食べ過ぎで太っている方がダイエットするには、
・摂取カロリーを消費カロリー以下にする(食事管理)
・運動をする(筋トレで基礎代謝が増加すれば最高)
どちらかでも両方でもカロリー収支が改善されるので、ダイエットに繋がります。

本題に入ります。食べていない(摂取が消費を上回っていない、以下アンダーカロリーと言います)にも関わらず、痩せない。
そんな事ある!?と思われるでしょうが、BEBASEのお客様にも何名かいらっしゃります。
アンダーカロリーにも関わらず、何故痩せないのでしょうか??

人間のカラダはめちゃくちゃ優秀で、様々な環境に適応しようとします。
一定期間アンダーカロリーの状態が続くと、カラダに必要な栄養素が供給されませんので、大袈裟に言えば「人体にとって危険」な状態になります。
こういう場合にカラダが(脳が判断します)どう対応するかというと、
「栄養が入ってこないなら、出来るだけ栄養(主にカロリー)を消費しないようにしよう」
となります。簡単に言えばエコモードになるのです。本来持っている基礎代謝量などがある程度無視された消費カロリーになってしまいます。
ということは、そのままの食事内容では全く痩せないのですね。現状維持になります。
トレーニングをしても、筋肉やその他組織を回復させるだけの栄養素が入ってこないので、カラダの発達もあまり見込めず非常に効率が悪い。疲れも抜けにくい。
尚且つ本人様は、太らないように食べない努力をしているわけです。頑張っているのに報われなければモチベーションも下がりますよね。
ではこのような方はどう改善するべきなのか?

まずは自分の消費カロリーをしっかりと把握することです。基礎代謝若しくは正確な体脂肪率がわかれば、おおよその計算は出来ます。
そして摂取カロリーがいくらなのかを知る。これは調べるしかありません(慣れれば面倒ではない)。
1~2週間程度、カロリー収支がトントンになる状態で過ごします。摂取が少なかった方は、もっと食べるということです。
この間体重は微増するはずです。食べる量が増えるので、食品の重量(主に水分)が体内に入るためですが、時間が経てば元に戻ります。
またこの間は、代謝が下がった状態から摂取カロリーを増やすので、少しだけ体脂肪が増える可能性もありますが、驚くほどは増えませんし、エコモードを一旦リセットするには必要な作業なので気にしなくて大丈夫です。

食事管理をしてダイエットをしているけど、全然痩せない!という方は一度チェックすることをおススメします。
私の感覚では10人に1人ぐらい、食べなさ過ぎが原因で痩せない方がいらっしゃるかと思います。

しっかり食べて健康的にダイエットしましょう!

ではまた(^^)/ 古字裕介 2019年8月25日

2019年8月26日

コメント