2019年8月10日

こんにちは!BEBASE古字です。
今日のテーマは「やらない方がいい種目」です。

一言にトレーニングと言っても、種目は無数にあります。フリーウェイト/マシンそれぞれに多くの種目が存在する中で、何を行えばいいのか?

優先順位が高いのは、言わずもがなBIG3(スクワット/デッドリフト/ベンチプレス)、そしてその他フリーウェイトになります。では逆に優先順位が極めて低い、効率の悪い種目は??

私のトレーニング論は「極力マシンは必要ない」なのですが、マシンの種目の中でも特にこれは効率が悪い、若しくは無駄と思うものを幾つか紹介します。

・スミスマシンでのBIG3:以前のブログにも書きましたが、非常に無駄。トレーニングスキルは一切向上しません。むしろ、おかしなフォームが身に付きます。
・ビハインドネックのラットプルダウン:背中のマシンでバーを首の後ろ側に引くやり方。肩関節のインピンジメント(細かくは省略しますが、関節のケガ)誘発のリスクが高い。
 広背筋の刺激が少ない、僧帽筋中部/下部/菱形筋の発達の面で非常に効率が悪い(何故かはまたの機会に)。
・座位のマシンでの、レッグエクステンション/カール:脚の種目。日常生活から乖離した動作であり、筋肉は付いても日常生活やスポーツに全く使えない筋肉。

まだまだあるのですが、一般的なジムでよく見かける代表的なものを書いてみました。
時間も体力も有限ですので、無駄な種目は省き優先順位が高い種目をおこなうべきです。
当然、私のお客様にはこのような種目は死んでもやらせません。

種目を選択する場合に、「なぜこの種目が必要なのか?不必要なのか?」が判断出来るように、しっかりと勉強しましょう。

ではまた(^^)/ 古字裕介 2019年8月9日

2019年8月10日

コメント