2019年6月


  • こんにちは!BEBASE古字です。
    今日のテーマは「テレビのウソ」です。

    今は便利な時代で、テレビやネットで何でも視れる/探せる。情報も溢れかえっています。
    言い出すとキリがないのですが、トレーナーとしてこれだけは言いたい!ということで、ダイエット関係のテレビ番組について書きたいと思います。

    オリンピックを来年に控え、更には医療費の問題もあり、国をあげてフィットネスを普及させようとしています。
    それ自体は良いことなのですが、メディアが発信する内容のクオリティが低すぎます。
    私はあまりテレビを視ないのですが、たまに視ただけでも信じられないような「ウソの情報」が平然と放送されています。
    そしてお客様から「先生、昨日テレビでこんな番組してて・・・」という話になります。
    その度に内容を精査して、説明するわけです。言いたいことわかりますよね(笑)。殆どが「めちゃくちゃ」なんです。

    先日、体重減少に応じて賞金が出るダイエット番組が放送されました。
    トレーナーやエステティシャンが60日間被験者に指導/施術して、体重の減少幅を競争するという内容です。
    優勝した人は60日間で約30kg、減量出来ました。果たしてこれが健康なのかを考えていきます。
    ※テレビは「視聴率」が最優先されます。よって内容の正確さよりも、如何に派手に魅せるか?が重視されます。


    過去ブログにも書きましたが、体脂肪1kgの減少に必要なのは7200カロリーです。
    7200×30kg=216000カロリー これを60日で割ります。 216000÷60=3600カロリーですね。
    被験者の方は130kgぐらいある男性だったので、基礎代謝はそれなりに高いはずと考えて2000カロリーで考えます。
    活動係数は2で計算します。 2000×2=4000カロリーがこの方の1日の消費カロリーになります。
    4000-3600=400カロリー 60日間400カロリーで過ごしたことになりますね。
    有り得ますか??? 死なないにしても(実際、存命されてます(笑))、不健康極まりないわけです。
    こんなふざけた情報を公共の電波で垂れ流しにしているのが、日本のメディアの現状です。
    ※それ以外の指導者のスキルが、上記のトレーナー以下だったのは内緒にしておきます(笑)。エステでダイエットって・・ その場凌ぎでしかないです(笑)。


    今日は一例のみを紹介しましたが、私の主観では 半分以上が間違っている若しくは誤解される部分がある という感じです。

    タダで得られる情報のクオリティが高いと思いますか?
    あまり辛口になるといけないのでこの辺りで(^^;)
    正しい情報を得て、正しい行動をする。これが何に於いても最短です。


    ではまた(^^)/ 古字裕介 2019年6月25日

  • こんにちは!BEBASE古字です。
    今日のテーマは「トレーニング中の飲み物は?」です。簡単に。

    まず、何故飲み物を飲むのか?ですが、基本は水分補給です。
    人間のカラダは殆どが水分ですので、水分が不足すると様々な問題が起きます。当然ですね。

    ということは、ノンカフェインのものが望ましい。カフェインには利尿作用がありますので、飲んだ分と同量かそれ以上の水分が排出されてしまいます。
    カフェインの多い飲み物で代表的なものは、コーヒーとお茶(特に緑茶、玉露が一番多い)です。
    ※カフェインを否定しているわけではありません。水分としてはカウント出来ないというお話です。

    ノンカフェインのものが前提となりました。次に栄養素が必要かどうかを考えます。

    トレーニングにはエネルギーが必要です。もっとも速くエネルギー変換される栄養素は糖質ですね。
    では、糖質の入った水分(スポーツドリンクが代表的)を摂るべきかどうかですが、これはトレーニング前に食事をしているかどうかによって必要性が変わります。
    トレーニング2~3時間前に普通の食事/1時間程度前に消化吸収の良い糖質 を摂取出来ている方は、すぐ使うことの出来るエネルギーが体内にあるので、水分だけでいいでしょう。
    そしてダイエット中でカロリー制限をしている方は、水分に含まれる糖質も摂取カロリーとしてカウントしますのでこの部分も注意ですね。
    またアミノ酸に関しても同様の事が言えます。トレーニングによって筋肉が分解されるリスクがありますが、上記のようにトレーニング前にエネルギーが摂取出来ている方はそこまで心配する必要はありません。
    筋肉量が多い方やトレーニング時間が長い方は、BCAA(分岐鎖アミノ酸)やEAA(必須アミノ酸)を摂取すると良いですね。

    まとめますと、
    ・ノンカフェイン
    ・トレーニング前の栄養摂取状況に応じて、糖質とアミノ酸を加える
    になります。栄養素が飽和している状態で余分な栄養素は要りません。足りない場合は摂取する。

    最後に、水分補給はこまめにすることが重要です。喉が渇く前に摂取しましょう。

    ではまた(^^)/ 古字裕介 2019年6月16日

  • こんにちは!BEBASE古字です。
    今日のテーマはゆるーく(笑)「トレーニングウェアについて」です。

    結論から言うと「個人の自由」なのですが、機能性やモチベーションの部分を含めて書いてみます。

    まず、前提としてBEBASEは完全予約制のパーソナルジムなので、他のお客様とバッティングすることはありません。
    ※稀に予約時間よりかなり早く到着した方がフライングで来られるときがありますが(笑)
    ※お手洗いは併設の一般的なジムと共用なので、そこでの接触はあります。
    ですので原則、トレーナーの私以外には会いません。他のお客様の目が気になるということはありません。


    運動出来れば何でもいいんですが、おススメも当然あります。

    ①軽くて動きやすく、通気性が良い
    ②カラダのラインが見える

    ①に関しては、生地が厚くなくストレッチ性があるもの。シャカシャカのウインドブレーカー等はおススメしません。
    ジム内は空調が効いてますので、薄着で大丈夫です。
    ②に関してですが、視覚で筋肉を意識するために重要です。恥ずかしいと思う方が居るかもしれませんが、これからどんどん美しくなるわけですから、気にする必要はありません。

    おススメのコーディネートは

    上:薄手のTシャツorタンクトップ(ブラトップ)
    下:ハーフパンツorレギンスorレギンスの上にショートパンツ

    ですね。最近はスポーツショップに行けばカッコいいウェアが沢山あります。
    「私にはまだ早い」と仰る方が居ますが、全然関係ないです。着たいウェアを着て、いつもより頑張れるなら素晴らしいことだと思います。

    これはあくまで私の主観ですが、ウェア選びを楽しんでいる方はカラダの変化が明らかに早いです。
    トレーニングはしんどいですが、その中で少しでも楽しみや喜びを見出すべきですね(^^) ウェアは一番簡単にモチベーションを上げてくれると思います。

    そしてシューズですが、ウェイトトレーニングに適しているのは、
    ・底が薄くて硬め
    ・軽くてフィット感がある
    ものです。シューズはウェア以上に合う合わないがあるので、必ず試着しましょう。
    ちなみに私はシューズが大好きで、ジム用だけで20足ぐらいあります(笑)。1セッション毎に履き替えてます。

    最後にフィットネスに力を入れている大手のメーカーは
    NIKE UNDER ARMOR REEBOK ADIDAS 辺りですね。
    ウェアもシューズも、普段おしゃれする感覚で、楽しみましょう!

    ではまた(^^)/ 古字裕介 2019年6月7日