2019年5月27日

こんにちは!BEBASE古字です。
今日のテーマは「ヒップアップに最適な種目とは?」です。

「お尻上げたい!」、これはほぼ全ての女性が仰りますね。お尻が上がること(ヒップアップ)により、カラダを後ろから見たときに
脚が長く見えます。要するにスタイルが良く見えます。なので、男性にもおススメですね。
タイトなパンツを履いたときに、キュっと上がったお尻は男女問わずカッコいいです。
(ちなみに私はかなりプリケツでして(笑)、よくお客様から羨ましがられます←ちょっと自慢(笑))

本題に入りましょう。当然ですが、トレーニングによってお尻を鍛えます。では、様々な種目がある中で、どの様な種目を選択するべきか?
解剖学と作用を交えて説明するべきなのですが、長くなるので極めて簡単に書きます。


☆優先順位が高い(大きな効果が期待出来る)種目

スクワット
デッドリフト(ルーマニアンデッドリフトは尚良し)
ランジ

これらの種目に共通しているのは、
・股関節の屈曲がある:臀筋群は、股関節の屈曲状態から元に戻る(伸展)時に大きく使われます←超重要
・ストレッチがかけられる:筋肥大には、ストレッチをかける(筋肉を伸ばす動き)ことが重要
・大きな負荷が扱える:負荷が大きければ、それだけカラダは早く対応しようとします
・重力に逆らっている:重力に逆らわない運動はパフォーマンスアップに繋がりません
ということです。少し難しいかもしれませんが、以上の種目が三大種目になります。
そしてこの三種目で十分です。

あれ?流行りのヒップスラストやブルガリアンスクワットは?膝にチューブ巻いて股関節パタパタは?
トレーニング経験者はこう思うかと。これらのデメリットを説明します。

ヒップスラスト:ストレッチがかからない、日常生活の動きからかけ離れている
ブルガリアンスクワット:片脚が死んだ状態なので、左右の連動性が無く、これも日常生活の動きに伴わない
膝にチューブ:ストレッチがかからない、重力に逆らっていない

という感じです。勿論、効果がないわけではありません。しかし「効率が悪い」のです。
時間と体力がある人は、メイン種目のあとに行ってもまぁいいかなという程度です。
また、臀筋の意識が全く出来ない人は、意識付けの為に行うのはいいでしょう。

最後にヒップリフト(バックブリッジ)という種目があります。(添付写真です)
この種目は臀筋を意識するのにも、鍛えるのにも優秀です。但し大きな負荷はかけられませんので、ウォーミングアップやクールダウンに行います。
重要なポイントは、「お尻を上げる」のではなく、「お尻に力を入れたら勝手に上がる」、この点です。
お尻を上げるだけなら、脚と腰の力で上がりますが、鍛えたいのはお尻なので、あくまでお尻に力を入れます。
お尻に力が入っているか分からない方は、片脚を腕で抱えて行ってみてください。この状態だと、脚と腰の力は使えませんので、お尻を使うしかありません。

やはり(笑)、少々長くなりましたが、出来るだけ効率の良い種目で遠回りせずトレーニングしましょう。
目指せプリケツ☆

ではまた(^^)/ 古字裕介 2019年5月27日

2019年5月27日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です