2019年5月21日

こんにちは!BEBASE古字です。

今日のテーマは「ストレッチについて」です。
久々に?短く書きます(笑)。

ストレッチの種類
主に2種類あります。
・静的ストレッチ:対象部位を伸ばした状態で静止し、数十秒かけてゆっくり伸ばすストレッチです。
・動的ストレッチ:対象部位を動かしながら(時には反動をつけて)瞬間的な伸びを繰り返すストレッチです。
私が子供の頃は、運動前には、所謂「静的ストレッチをするように」と、こんこんと言われてきました。現在もそういう指導が少なからずあります。
現在の理論は、「運動前の静的ストレッチ」は、行わなない。なぜなら、パフォーマンスの低下やケガのリスクを上昇させることが研究でわかっているからです。
ですので、運動前は「動的ストレッチ」を行いましょう。「静的ストレッチ」は運動後のクールダウンや、風呂上がり等に行うのが効果的です。

ストレッチを行う際のポイント
筋肉には必ず、始まりと終わりがあります。これを「起始/停止」と言います。
そして「作用」というものが存在します。その筋肉がどのような動きを担っているのか?です。
ストレッチのやり方は、
起始停止を遠ざける/作用と反対の動きをする になります。
起始停止も作用もカラダのことを勉強していなければ難しいですね。ですので、シンプルに伸びて気持ちがいいと感じればOKです。
伸ばし方が分からない部位に関しては、トレーナーに相談しましょう。
そしてもう一点、重要なポイントを。
伸ばしている筋肉を意識してはいけません。筋肉は意識すればするほど、収縮することがわかっています。
ですので、何も考えず起始停止を遠ざけるだけでいいのです。

静的ストレッチはTVを観ながらでも出来ますから、柔軟性に乏しい方は積極的に行いましょう。

ではまた(^^)/ 古字裕介 2019年5月21日

2019年5月21日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です