2019年5月16日

↑私のスクワットのフォーム

こんにちは!BEBASE古字です。
今日のテーマは前回ブログに書いた通り「おススメのトレーニング種目」です。

どんなトレーニングを行うかは、目的や目標によって変わってきますが、ここでは一般的にパフォーマンスアップを軸に
全身の筋肉量の増加、筋力の向上を目的とします。当然、ダイエットにも当てはまります。

まず昔からトレーニングの「BIG3」というものがありまして、
脚はスクワット/背中はデッドリフト/胸はベンチプレス
と言い続けられてきました。現在もこの考え方が正解と思ってらっしゃる方が大半です。
しかし、デッドリフトは下肢(脚と臀部)の種目で、背中には効きません。ですが下肢の種目としては優秀です。(デッドリフトの解説はまた今度書きます)
スクワットとデッドリフト(共に下肢)はマスト、ベンチプレスも胸のマスト種目です。(インクラインベンチプレスでもOKです。難しい場合は腕立て伏せでもOK)
これで大きい部位二箇所はOK、残るは背中ですね。最優秀は懸垂ですが、女性には難度が高過ぎますので、ラットプルダウンというマシンを使用します。

ここで「ほぼ全て、重力に逆らった種目だな」と気付いた方は鋭いです。
前回のブログに書きましたが、軌道の決まってないフリーウェイトを行うことで重力に対抗することが出来るのです。

ですので、上記の種目が基本になります。勿論もっと細かく鍛えたいならば、他にも様々な種目がありますが、基本はフリーウェイトです。
トレーニング頻度にもよりますが、一週間のうちに、スクワットとデッドリフトとベンチプレスと懸垂(ラットプルダウン)は行いましょう!
※筋力/体力/柔軟性の問題により、出来ない場合は類似種目でも構いません。
もっと細かく全身をトレーニングしたい方、正しいフォームを身につけたい方は、無料体験に来てください!

ではまた(^^)/ 古字裕介 2019年5月16日

2019年5月16日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です