2019年4月12日

こんにちは!BEBASE古字です。
今日のテーマは「朝食を食べよう!」です。

仕事上、色んな方と食事についてお話させて頂く機会があるのですが、朝食を食べない方が結構います。
結論から言いますと、朝食はめちゃくちゃ大事です。簡単に説明します。

一般的な生活をしている方であれば、夕方から夜にかけて食事をしますね。そして就寝します。
この間、寝ているだけでもエネルギーは使っています。仮に19時に食事をして、翌日の起床が6時、
7時に朝食を食べても12時間空いています。
この間に体内は「カタボリック」といって、筋肉がどんどん分解される状態になっています。
理由としては、体内での糖質の枯渇や血液中のアミノ酸濃度(血中アミノ濃度)の低下が考えられます。

と、朝食を食べる方でもカタボリックが起きているわけです。では食べない人はどうか・・?
12時に食事をするとなると、17時間も栄養が入ってきませんので、めちゃくちゃカタボリックになりますよね。
そして、空腹状態で食事をすることにより、血糖値が急上昇します。(このデメリットは過去のブログで)

以上のことから、朝食を食べないのは論外となります。(まだ他にもデメリットはあります)
では、どのような食事をするべきか?

正解は一つではありませんが、糖質の補給と血中アミノ濃度の上昇から考えれば、糖質とたんぱく質が一定量必要になりますね。
まずたんぱく質ですが、ベストはお魚になるかと思いますが、食べやすいもので構いません。固形物が望ましいですが、
食欲のない方はプロテインドリンクでもOKです。糖質に関してはベストは玄米ですが、こちらも食べやすいものから、まず習慣付けましょう。
果物も優秀です。糖質の補給も出来ますし、ビタミンCは日中に分泌される様々なストレスホルモンに対抗してくれます。

また朝食を食べることで、就寝時に休んでいた内臓が活発に活動します。この時に一定量のエネルギーが消費される(食事誘発性熱産生=DIT)ので、
他のタイミングの食事よりも、食べても太りにくいことが分かっています。(DITの発生は、たんぱく質が最も多い)

朝食で必要な栄養素を摂取することにより、筋肉の維持や増加/免疫力アップ/体内リズムの正常化など、書ききれないぐらいのメリットがあります。

勿論、ダイエットにも効果的です。食べなくて痩せるのは最悪です。しっかり食べて(食べすぎはダメですよ(笑))、健康的にダイエットやカラダ作りをしましょう。

ではまた(^^)/  古字裕介  2019年4月12日

2019年4月12日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です