2019年3月28日

こんにちは!BEBASE古字です。
本日のテーマは「痩せるとは?」です。

トレーナーの仕事をしていますと職業病なのか、どこに居ても「痩せたい/ダイエットしたい」と聞こえてきます。
決して妄想や幻聴ではありません(笑)。
もちろん、人の価値観はそれぞれですが、「もう少し痩せたい/引き締めたい」と思っている方は沢山いらっしゃるかと思います。
では、痩せるとは???

まず、「痩せる」の定義を確認したいと思います。
殆どの方は「体重」にばかり目を向けています。体重とは、体脂肪とそれ以外のもの(徐脂肪体重)を合計した数字です。
徐脂肪体重の増減に最も影響(変化)するのは筋肉量ですから、
筋肉が増えれば体重は重くなりますし、減れば軽くなります。
以前からブログに書いているように、筋肉量が多い方が痩せやすく、健康にも良いのはご存知かと思います。
ということは、、筋肉が減ったことによる「痩せた」はもの凄く意味のないことだということがわかりますね。
筋肉を減らさずに、体脂肪を減らす これが「痩せる」ということです。
以下に3パターンを示します。

A:体重 -10kg  内訳 体脂肪 -10kg 筋肉 増減なし
B:体重 -12kg  内訳 体脂肪 -5kg   筋肉 -7kg
C:体重 -8kg    内訳 体脂肪 -10kg 筋肉 +2kg

例えばこのような3パターンが起きたとします。内訳を把握していない方は、Bが最も嬉しいと感じるわけです。
しかし実際は違います。優秀な順に、C A   B となります。(わかりやすく、極端な例にしました)

要するに「体重は指標の一つでしかない」ということ。
水分が飛べば(代表的なのはサウナや長時間の有酸素運動)、一時的に体重は減りますが、それは痩せたわけではありません。
筋肉が増えて体重が増えても、一概に太ったとは言えないのです。

数字だけで判断するのではなく、その内容を見て判断しましょう。
となると、選択するアプローチも内容に沿ったものとなりますね。
次回はどのぐらいの期間でどのぐらい痩せることが可能なのか?を書きたいと思います。

ではまた(^^)/  古字裕介  2019年3月28日

2019年3月28日

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です